高校生有志が初島で清掃活動

LINEで送る
Pocket

初島で清掃活動を行う諏訪地域などの高校生有志ら

諏訪清陵高校(諏訪市)2年の三浦悠生さん(17)と下諏訪向陽高校(下諏訪町)2年の藤堂光姫さん(17)ら県内の高校生有志6人は28日、諏訪湖上の初島で清掃活動を行った。今月県教育委員会が開いたオンラインイベントを通じて知り合った仲間による初めての企画。生徒らは「ボランティア活動ができてよかった」と笑顔で語った。

三浦さんらは今月11、12の両日、オンラインで開かれたイベントに参加。参加者同士が打ち解けるために設けられた時間で同じグループになったことから、親交を深めるようになった。諏訪地域の高校に通う三浦さんと藤堂さんは、湖畔で定期的に清掃活動を行うグループ「Fream(フリーム)」を作り活動していることから、地域の環境美化に貢献しようと企画した。

生徒は諏訪地方のほか、長野市、松本市、上田市からも参加した。この日は初島奉賛会が初島神社の鳥居のしめ飾りを新調したことに合わせて実施。生徒たちはごみ袋を片手に、花火の殻などを拾い集め、45リットルの袋2袋をいっぱいにした。藤堂さんは「地域貢献したいという気持ちがあったので、楽しくできた」。三浦さんは「みんなやる気があったので目的が共有できてよかった」と達成感に浸っていた。

おすすめ情報

PAGE TOP