昨年度成人式の対象者に記念品 飯島町教委

LINEで送る
Pocket

恩師から寄せられたメッセージに目を通す昨年度の成人式対象者

飯島町教育委員会は30日、コロナ禍で中止となった昨年度の成人式の対象者に、中学校当時の恩師 や町長からのメッセージと記念品を贈った。該当する90人のうち26人が町文化館へ受け取りに訪れ、人生の門出にみんなで集まれなかったことを惜しみつつ、1年遅れの祝福に感謝した。

2020年度の成人式は昨年8月15日に予定したが、2回延期。今年5月の大型連休中の開催を目指したが、感染症拡大で実施を断念した。

町教委は代替策を検討。恩師などからのメッセージを小冊子にまとめ、記念品(印鑑付きのボールペン)などと一緒に贈ることにした。

この日受け取った七久保の会社員那須野聖佳さん(22)は「高校卒業後は町外へ出た仲間も多く、成人式はみんなが集まれる機会だと思って楽しみにしていた。中止になったのは本当に悲しいけれど、この年末年始にメッセージを読んで中学時代を思い返したい」と話した。

県外の大学で学び、来春の卒業後の進路も決まったという、須田望夢さん(22)=田切=と竹村悠介さん(22)=赤坂=は連れ添って町文化館を訪れた。「式がないのは残念だけれど、記念品を楽しみにしていた。成人となり、今までお世話になった人に恩返ししたい」と早速、メッセージに目を通していた。

記念品贈呈は1月2日午後2時~4時にも町文化館で行う。

おすすめ情報

PAGE TOP