長野県内の寅年生まれ人口 16万7600人

LINEで送る
Pocket

 

県は2022年1月1日現在の推計値で、県内の寅年生まれの人口を16万7600人(男性8万2200人、女性8万5400人)と発表した。総人口に占める割合は8・3%で、十二支の中では6番目となる。

寅年生まれで最も人口が多いのは、第1次ベビーブーム(1947年~49年)直後の50(昭和25)年生まれで、72歳になる3万2300人。次いで第2次ベビーブーム世代(71~74年)最後の74(同49)年生まれで、48歳になる3万1400人。

12歳になる2010(平成22)年生まれは1万7500人、24歳になる98(同10)年生まれは1万8300人、36歳になる86(昭和61)年生まれは1万9500人となり、いずれも72歳と比べて約6割以下となる。

十二支別の人口(22年1月1日現在の推計値で、22年生まれは含まれない)で最も多いのは丑年生まれで、18万1400人。続いて(2)子(3)亥(4)申(5)未(6)寅(7)辰(8)巳(9)卯(10)戌(11)午(12)酉―の順となっている。

毎月の人口異動調査の2021年12月1日現在の推計人口を基に過去5年間の転入、転出、出生、死亡などの平均値を加味して推計した。県情報政策課統計室によると、年男、年女の人口にはその年に生まれる子どもの数が含まれないため他の十二支に比べて少なく算出される傾向がある。一方で、寅年生まれは第1次、2次ベビーブーム付近の年代がいるため比較的上位になった。

おすすめ情報

PAGE TOP