小平奈緒選手の北京五輪に期待 南大塩区が横断幕

LINEで送る
Pocket

南大塩公民館に掲げられた小平選手を応援する横断幕

茅野市豊平の南大塩区は1日、2月の北京冬季五輪にスピードスケート女子で4大会連続出場する地元出身の小平奈緒選手(相沢病院、茅野北部中―伊那西高―信大出)を応援する横断幕を同区公民館に掲げた。牛山澄人区長(68)は「地元の期待の星。今大会でも頑張ってほしい」と話している。

同区では過去3回の冬季五輪でも横断幕を設置し、パブリックビューイングも実施している。横断幕の大きさは縦1・2メートル、横5メートルで、「北京オリンピック出場おめでとう 祝 小平奈緒さん 南大塩区」と書かれ、幸せの象徴で小平選手のトレードマークでもある四つ葉のクローバーが描かれている。公民館のベランダに掲げた。

横断幕は大会終了まで掲示する予定で、牛山区長は「地元を挙げて応援したい。今大会でも良い成績が残せれば」と期待している。

おすすめ情報

PAGE TOP