晴れやか成人式2年ぶり 原村

LINEで送る
Pocket

式典後に記念写真に納まる新成人=原村

原村の成人式(村、村教育委員会主催)は3日、同村中央公民館で開いた。昨年は新型コロナウイルスの感染予防で中止したため、2年ぶりの開催。午前に昨年度の新成人を対象に行い、午後に今年度の新成人を対象に開いた。新成人たちは同級生との再会を喜び合いながら、成人としての決意や思いを新たにした。

今年の成人式の対象者は80人(男性36、女性44)。このうち54人(男性25、女性29)が出席した。

式典の式辞で、五味武雄村長は新型コロナの感染拡大に触れ、社会に大きな変革をもたらしていると指摘。「課題に関心を持ち、自分のこととして考えることが重要。課題解決に若い力で取り組んでほしい」と呼び掛けた。

新成人代表の雨宮隆斗さん(同村南原)は、コロナ下での成人式開催に感謝を述べ「立場は違うが、社会の中で自分の力を役立てていきたいという思いで、それぞれが自分自身の目標に向けて歩み続けている最中。家族や周囲への感謝を忘れずに、原村出身の成人として恥じないように立派な大人になる」と誓った。

式中の交流会では、中学校時代の恩師とオンラインでつなぐなど、コロナ下での新しい形の成人式を実施。思い出を語り合いながら、当時を振り返っていた。

おすすめ情報

PAGE TOP