まん延防止想定 伊那市公共施設26日から休止

LINEで送る
Pocket

伊那市は24日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を市役所で開き、県が同日国に要請した「まん延防止等重点措置」の適用を想定した対策を話し合った。26日から当面(3週間程度)、市の公共施設を休館するほか、各公民館は貸館や 自主事業をしない一部を閉館とする。行政の業務を維持するため、約3割の職員の在宅勤務を実施する。

休館するのは、各体育館や武道館、球場、テニスコート、伊那公園屋内運動場などの体育施設をはじめ、市生涯学習センター、防災コミュニティセンター、 子育て支援センター、信州高遠美術館、高遠町歴史博物館、高遠町地域間交流施設、高遠町老人福祉センター、高遠町生きがいセンター、市創造館など。
 
観光施設のみはらしの湯やさくらの湯は利用条件に制限がある。市図書館は休館で市民サービスコーナーのみ営業する。休館に伴い、該当する会場で計画した講座、サークル活動、催しは中止となる。

職員は「行政サービスの維持」を目的に、在宅勤務や時間差出勤などを徹底。各種会議の開催は延期する方針だ。

市は「万一に備えてしっかりした対策を取りたい。市民の皆さんには引き続き、感染対策の徹底をお願いしたい」と呼び掛けた。

おすすめ情報

PAGE TOP