北京五輪出場の小池選手 岡谷南高が応援横断幕

LINEで送る
Pocket

小池選手を応援しようと岡谷南高校が設置した応援横断幕

岡谷南高校(岡谷市)は、同校出身で2月4日に開幕する北京五輪に出場するショートトラック男子日本代表の小池克典選手(21)=全日空商事=を応援しようと、横断幕を製作した。同校正門横のフェンスに掲げ、初の大舞台に臨む小池選手の活躍を願っている。

横断幕は縦80センチ、横8メートル。小池選手の五輪出場決定を受けて、同校の同窓会とPTAからの支援金をもとに製作を計画し、24日に設置した。フェンスは市道に面しており、通行する車からも見ることができる。

同校出身者が冬季五輪に出場するのは、同校教諭でスケート部監督の野明弘幸さんが出場した2002年ソルトレークシティー大会以来、20年ぶり。林秀徳校長(59)は「今年度は創立80周年の節目でもあり、卒業生の活躍は非常にうれしい」と喜び、「全校で応援するので、ぜひ力を存分に発揮して頑張ってほしい」とエールを送った。

おすすめ情報

PAGE TOP