知事と市長村 まん延防止措置適用で意見交換

LINEで送る
Pocket

まん延防止等重点措置について開いた阿部知事と県市長会、県町村会の意見交換会

阿部守一知事と県市長会、県町村会それぞれの役員は26日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用に伴う県の取り組みについて、県庁と各市町村役場をオンラインで結んで意見交換した。冒頭を除き非公開。終了後の取材に阿部知事は、市町村を通じた県からの事業者支援事業について、市町村が柔軟に対応できるように求められたといい、「あまり細かい制約をかけて地域の実情に合った使い方がしにくくならないよう留意したい」と述べた。

ワクチンの追加接種に加えて小児を対象にした接種も始まるため、市町村長からは「現場は疲弊している。さらに混乱しないよう国に求めてほしい」との要望もあったといい、阿部知事は「全国知事会議の場で発言する」とした。

おすすめ情報

PAGE TOP