「仕事と子育て両立」施設 伊那市で改修進む

LINEで送る
Pocket

改修工事が進む「仕事と子育ての両立支援拠点施設」

伊那市が、旧富県南部保育園(富県)の建物を活用して整備する「仕事と子育ての両立支援拠点施設」の改修工事が進んでいる。昨年10月に着工し、建築工事は3月の完成を予定。通信販売のコールセンターを誘致するとともに、オフィススペースと飲食テナントスペースの入居者を募集している。市議会3月定例会に関係条例案を提出し、来年度のオープンを目指す。

同施設は、仕事と家庭生活を両立できる働きやすい職場環境の提供を通じて女性の活躍を推進する狙い。コールセンターは市と包括連携協定を結ぶテレビ東京グループのテレビ東京ダイレクト関連の通販会社を誘致。託児室を併設し、子育て中の女性の新たな働き方を創出する。

また、オフィススペースや研修スペース(会議室)、飲食テナントスペースを設置。就労に向けたセミナーの開催によるスキルアップやキャリアップの支援、オフィスの貸し出しを通じたサテライト利用や移住者らの起業・就業の促進、入居者、利用者、地域住民らの交流の場として活用していきたい考えだ。

オフィススペースは賃料月額3万4000円。オフィス入居者は休館日や開館時間に関わらず24時間利用可能。面積は約50平方メートル。備品は事務机・椅子4セット、簡易収納棚2個。飲食テナントスペースは同3万7000円。面積は約85平方メートル(客席約36平方メートル)。3口コンロ、冷凍冷蔵庫、コールドテーブル冷蔵庫など完備。客席は5テーブルで最大20人を予定する。

備え付け以外に必要な備品は各入居者が用意する。光熱水費は全額入居者負担、共用分は一部負担。インターネット、電話、テレビなどの通信環境はなく、必要に応じ個別に契約する(エントランスはWi―Fi環境あり)。

募集締め切りは2月10日。市ホームページから申請書をダウンロードし、必要書類を添えて申し込む。いずれも応募者の中から面談などを通じ原則1人(1社)を決める。飲食テナントスペースは4月から最終工事を行い、6月1日に引き渡し予定。入居者決定後、市と協議の上、設計可能な範囲で希望を聞く。
 
申し込み、問い合わせは市商工振興課(電話0265・78・4111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP