御柱祭 下社山出し観覧席約半数を2次販売へ

LINEで送る
Pocket

下諏訪町御柱祭実行委員会は4日、4月に迫った諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)の下社山出し有料観覧席のチケット販売(1次)の申し込み状況を集計し、結果を公表した。1月8~30日にインターネット販売し、3日間(4月8、9、10日)の一般販売5390席に対し、2894枚の申し込みがあった。1次では約半数の席が余った結果となり、同実行委は5日午前10時から27日まで2次販売を行う。抽選は28日。

1次のチケット申込者には、第1、第2希望のいずれかの当選結果を4日にメール配信した。

同実行委によると、最高価格のSS席は3日間とも1・6~1・8倍の申し込みで完売。一方で、S席は0・36倍、A席は0・42倍、B席は0・17倍で、いずれも用意した席数に申込数が届かなかった。別枠で用意した旅行会社向けS席(2000席)については完売。車いす席は申し込みは少なかったものの、障がい者らのツアーを扱う専門会社に全席販売できたという。

前回2016年御柱祭とは席数、価格、申し込み方法などが異なり、単純に比較はできないが、前回のSS席の倍率は13倍。同実行委は新型コロナウイルスの感染状況が大きく影響したと受け止め、「御柱祭の開催がどうなるのか動向を見ている人も多いと思う。ただ、1次抽選が終わり、2次抽選の問い合わせも来ている。感染状況が落ち着き、対策を万全にして、皆さんに観覧席で御柱祭を楽しんでほしい」と期待を込めた。

2次販売は、1次販売と同様、専用ホームページから申し込む。S席2万3000円、A席2万円、B席1万7000円。3日間とも第3希望まで受け付ける。

問い合わせは同実行委事務局(電話0266・78・9066)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP