茅野市出身2選手応援 中央公民館で特別展

LINEで送る
Pocket

小平、小池両選手へのメッセージ入り日の丸や写真、レーシングスーツなどが展示された特別展=茅野市中央公民館

開幕した北京五輪に出場している茅野市出身の小平奈緒選手(相沢病院)と小池克典選手(全日空商事)を応援しようと、同市中央公民館は特別展を開いている。小学生や市民から寄せられた応援メッセージをはじめ国内大会での写真約30点や、着用したレーシングスーツなどをロビーに展示している。
 
メッセージは、縦90センチ、横148センチの日の丸6枚に書かれ、小平、小池両選手の母校の豊平小と金沢小の児童らが寄せた日の丸(各校2枚)を展示。会場入り口に日の丸2枚を置き、来館者に自由に寄せ書きしてもらっている。

寄せ書きには「奈緒選手の平和の種が世界中に届けられますように」「自己ベストをつくしてオリンピックを楽しんでください」「金沢小学校の子どもたちみんなが応援しています」「あとに続く子どもたちのために夢と希望を与えてください」などとの言葉が並ぶ。

家族などから借りた両選手のレーシングスーツのほか、メダル、トロフィー、スケート靴なども展示した。両角勝元館長(62)は「市挙げて2人の選手を応援したいと企画した。展示品などで2人のこれまでの活躍を改めて感じてもらい、選手と五輪をより身近に感じ応援してもらえれば」とする。

寄せ書きは何らかの方法でデータ化して本人に届ける計画という。展示は18日まで。

同市図書館でも小平、小池両選手を応援する写真展示を行っている。

おすすめ情報

PAGE TOP