リニア工事で会談 阿部知事とJR東海社長

LINEで送る
Pocket

リニア中央新幹線事についてオンラインで会談した阿部知事と金子社長(左)

阿部守一知事とJR東海の金子慎社長は10日、リニア中央新幹線の建設工事についてオンラインで会談した。公開された冒頭で阿部知事は、静岡県熱海市で発生した盛り土による土砂災害により「発生土について地域の関心が高まっている」とし、「地域への説明もこれまで以上に十分な配慮をお願いしたい」と要請した。金子社長は「これからも地元の皆さまと意思疎通を密にして理解をいただきながら工事を進めることが大切」と述べた。

終了後の取材に阿部知事は、労働災害の再発防止対策の徹底や県内工区の早期完成、開業時期の早期明示、工事車両の交通安全などについて地元への丁寧な説明と対応を改めて求めたことを明かした。さらに開業時の停車本数の確保や地域の観光振興、脱炭素社会づくり、南アルプス地域の環境保全への協力も要請したという。

リニア中央新幹線の開業時期については、金子社長から未着工が続いている静岡県民に「分かりやすい説明をして理解を得て進めていきたい」との趣旨の話はあったが、具体的な言及はなかったという。

阿部知事は「JR東海の早期開業を目指す考えは変わっていないと思っている。関係する皆さんの理解と協力をしっかり得て早期に進めてもらいたい」とした。

おすすめ情報

PAGE TOP