御柱祭開催記念 県内で切手シート販売

LINEで送る
Pocket

「御柱祭の華やぎと活気を味わって」と発売する御柱祭の開催記念切手シート

日本郵便信越支社は、諏訪大社式年造営御柱大祭の開催を記念するオリジナルフレーム切手シート2種類を15日から県内全郵便局と一部の簡易郵便局で販売する。縦横各2・4センチの小さなフレームから壮大な祭りの華やぎと活気があふれるデザインだ。
 
諏訪大社御柱祭が開かれる年に毎回発行している。1シートは84円切手、10デザインで構成し、販売価格は1330円。諏訪地方観光連盟などから提供を受けた写真数百枚の中から、木落しや建て御柱など上社と下社の山出し、里曳きの見せ場のシーンと木やりを歌う子どもたち、騎馬行列、長持ちなどの場面も採り入れた。

約半年がかりで製作編集を手がけた本郷郵便局(富士見町立沢)の植松浩幸局長は「新型コロナウイルスの影響で祭りの実施も制約が多い状況だが、参加した気分を味わってもらえたら。県外の人に祭りの魅力を伝える土産品としても利用してほしい」と話している。

今回は祭り期間中に臨時出張所を開かないため、発行枚数を前回の3分の1ほどに抑えて各1700シート限定。図らずも希少性がアップした。局窓口のほかインターネットショップでも販売する。

問い合わせは同支社(電話026・231・2368)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP