地元の銘菓と協力隊珈琲 駒ケ根のお土産に

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市内の菓子店の製品と「協力隊珈琲」を詰め合わせたセットを販売する実行委のメンバー

駒ケ根市内の菓子店有志らと市内に本部を置く青年海外協力協会(JOCA)でつくる実行委員会は、各店で人気の菓子とJOCAが販売するオリジナルブランドのコーヒー「協力隊珈琲」を詰め合わせたギフト「こまがねgift」を3月5、12の両日、限定300セットを販売する。市内全域の菓子店によるコラボ商品の販売は初めてといい、メンバーらは「駒ケ根のお土産になれば」と期待している。

商店街の活性化などを目的に昨年9月、同市中央の広小路商店街にある菓子店2店とJOCAが連携して販売した「駒ケ根まちなかギフト」に続く取り組み。JOCAが新商品としてドリップバッグコーヒーの取り扱いを開始したのを機に、市内全域の菓子店に声を掛けて新たなコラボ商品を企画した。

新商品には市内の菓子店5店が人気製品を提供。クッキー、サブレ、ブッセ、どら焼き、もなかの5点と、甘い菓子にもよく合う「協力隊珈琲」のドリップバッグ2個を詰め合わせ、予約販売する。

会長を務める和スイーツ圓月堂専務の浦野竜太郎さん(30)は「駒ケ根にはお土産と呼べるものがなかった。若い人にも手に取ってもらい、お土産として利用してもらいたい」と期待。今後も定期的にギフトを販売し、定番商品化を目指す方針だ。

ギフトは1セット1000円(税込み)。各店で予約を受け付けており、3月5日か12日のいずれかを指定して購入する。5日は駒ケ根高原の観光拠点施設「駒ケ根ファームス」での販売も予定している。問い合わせは実行委事務局のサスコ丸山商店(電話0265・83・3296)へ。

参加菓子店と詰め合わせの菓子は次の通り。

和スイーツ圓月堂(ふわっとブッセ)サカマ洋菓子店(アルプス雷鳥サブレ)御菓子司生月(霊犬早太郎最中)御菓子処ふくざわ(駒゛どら)穂の菓(厚焼きクッキー)

おすすめ情報

PAGE TOP