元五輪選手がスキー指導 富士見のペンション

LINEで送る
Pocket

澤田さん(右)からスキーの基本を学ぶ参加者

富士見町広原の宿泊施設「富士見高原ペンションRYOZO」は26日、元五輪選手の澤田敦さん(63)=東京都=を講師に、大人向けスキー教室を富士見高原スキー場で開いた。60~80代の4人が参加。なだらかな斜面を滑りながら、ターンや中速での体の動かし方を練習した。

同施設は富士見高原の魅力を知ってもらおうと、3年前から冬季に有名スキーヤーと共同で教室を開いている。今回は1980年レークプラシッド五輪のアルペン種目回転に出場し、スポーツセラピストとして活動している澤田さんから、2日間かけて基礎的な技術を学ぶ。

この日は、基本となる外向傾の姿勢から練習を開始。降りる方向へ怖がらずに体を傾けるのが重要とアドバイスを受けた参加者は、ストックを低く持ち、膝を柔らかく使ってターン。何度も繰り返しながら、板を操る感覚をつかんでいた。

澤田さんは「基本から学ぶことで、新しい技術の習得や応用に役立つ。体を自由に動かす感覚を知ってほしい」と話した。参加した佐藤精吾さんは「我流で滑ることもできるが、プロに教わるのが上達への近道。自分の滑りも変わってきた」と手応えを感じていた。

おすすめ情報

PAGE TOP