ロシア軍侵攻 ウクライナ出身女性が訴え

LINEで送る
Pocket

ウクライナの青いパスポートとスマートフォンが母国と家族をつなぐ。女性は早期の停戦を願っている

ロシア軍のウクライナ侵攻で両軍の戦闘が激化する中、諏訪地方に住むウクライナ出身の女性が27日、長野日報社の取材に「ウクライナ人もロシア人もどっちも切ない思いをしている。今すぐ戦いをやめてほしい」と語った。母国にいる家族や友人を思い、早期停戦を呼び掛けるよう国際社会に協力を求めた。

「ロシアの友人は私の家族を心配してくれている。ロシアもウクライナも関係なく同じ兄弟という意識で生きてきた。戦闘が長引いて犠牲者が増えると、憎しみが募ってしまう。私たちの関係も引き裂かれてしまうでしょう」

不安な表情でこう語るのは、ウクライナ南部に位置するヘルソン州出身の30代女性。ウクライナで知り合った日本人男性と結婚し、2005年に来日し、永住権を取得。会社員として働きながら、夫と中学生の長女と3人で暮らす。友人への配慮から匿名を条件に取材に応じた。

女性の母親は、クリミア半島近くのヘルソン州で一人暮らし。州内を流れる大河「ドニエプル川」の橋を巡る攻防で死傷者が出ているが、母親が住む田舎町への軍事侵攻はないという。インターネット電話「スカイプ」で連絡を取り合っていて、母親は「テレビやラジオは切なくなるから見ていないが、いつでも逃げられるように近所の人と準備をしている」という。

ウクライナ東部は生活や考え方がロシアに近い。一方、西部にはウクライナ民族主義運動を唱える勢力がいる。女性は14年の「マイダン革命」以降の歴史を振り返りながら、両国の指導者を「どっちも悪い」と語った。軍事侵攻を始めたロシアのプーチン大統領を「やりすぎだ」と非難。ウクライナのゼレンスキー大統領への不信感もある。コメディアン時代、親ロシア派武装勢力が支配する東部ドネツク州の子どもに差別的な発言をした。笑いが起こった恐怖を今も覚えている。

いとこから届く動画は日ごとに深刻さを増す。道路にはがれきが散乱し、無数の弾痕が残る自動車の脇には死体が横たわり、亡くなった人の上を戦車が走る。嘘の情報が拡散し、家を監視する蛍光塗料も塗られた。いとこ夫婦は交代で寝ながら危機に備える。18歳になったばかり友人のおいは徴兵される見込みだ。ロシア軍の戦車の前に立ちはだかる老人もいたという。

「おじいちゃん、おばあちゃんが『戦争はぜったいだめ』と話していた意味が分かる。もう人間じゃない。ロシアでもウクライナでもいい、早く戦いをやめてほしい」。日常生活が奪われていく現状に女性は語気を強めた。

おすすめ情報

PAGE TOP