駒ケ根商議所 コロナ対応「感謝祭まつり」

LINEで送る
Pocket

チラシを手に「感謝祭まつり」をPRする関係者

駒ケ根商工会議所は、新型コロナウイルス感染防止に配慮した消費者向けの還元企画「春の感謝祭まつり」を5、6の両日、市内全域の店舗などで行う。「コロナに負けるな」をテーマに掲げ、参加店、事業所がそれぞれ割り引きや特典などのサービスを展開。割引券や豪華景品が当たるスクラッチカードのプレゼントもあり、各店舗への誘客を通じて地域経済の活性化を図る。

新型コロナに対応した分散型のイベントとして企画。昨年7月の「夏まつり」、10月の「商工まつり」に続く第3弾となる。当初は市主催の「KOMAGANEスプリングフェスティバル」に合わせて開催を予定していたが、まん延防止等重点措置期間の延長に伴い同フェスが延期されたため、単独で開く。今回は市内の飲食店、小売店、理美容業など114店舗が参加し、割り引きや「つれてってカード」のポイント還元、プレゼントといったお得なサービスを提供する。
 
参加店舗には店頭にポスターを掲示。期間中、買い物客先着40人にスクラッチカードを配布し、その場で削ると1等1000円、2等500円、3等300円の割引券が当たる。その他のカードも応募券として利用でき、抽選で人気ゲーム機やスマートウオッチ、市の友好都市・静岡県磐田市の高級メロン「アローマメロン」、市内の特産品などが120人に当たる。応募締め切りは11日。

参加店の地図やサービス内容を 載せたチラシを新聞に折り込むほか、ホームページ(http://www.komacci.or.jp)でも紹介している。

同商議所は「イベントをきっかけにいろんな店に足を運んでもらい、新しい店を発見してもらえたら」と期待している。

おすすめ情報

PAGE TOP