40日ぶり嬉しい再会 富士見町内の施設再開

LINEで送る
Pocket

富士見町の「子育てひろばAiAi」で一緒に遊ぶ親子たち。久しぶりの再会を喜んだ

県内に適用された新型コロナ対応のまん延防止等重点措置の解除を受け、富士見町では体育館を除く社会教育施設や子育て支援施設の利用が約40日ぶりに再開された。同町乙事の「子育てひろばAiAi(アイアイ)」では9日、久しぶりの再会を喜び合う未就園児親子とスタッフの姿が見られた。

同施設は引き続き完全予約制で運営する。休館前より利用人数を減らし、午前、午後各7人にして再開。当面は1週間に1家庭2回までと利用回数も制限する。

9日午前に利用した4人の子たちは、積み木やままごとで遊んだり、広い室内をはいはいしたり駆け回ったり。2歳の長男、10カ月の長女と訪れた町内の女性は「この1カ月間、お散歩したり家で遊んだりしていましたが、遊びは限られた。久しぶりに皆さんと会って遊んで、子どももうれしそうですし、私も楽になりました」と笑顔を見せた。

同町から委託を受けて運営するNPO法人「たくさんの手」は、子育て家庭が孤立しないよう臨時休館中も電話相談をしてきた。再開に向けて利便性を高めたいとして、新たにウェブ予約もできるようにした。

おすすめ情報

PAGE TOP