パンケーキ新作学生考案 岡谷であすから販売

LINEで送る
Pocket

「食べて笑顔になってほしい」と呼び掛ける花岡瑞希さん(左)と武隈心音さんと考案した「瀬戸内レモンとふわふわメレンゲのパンケーキ」

岡谷市中央町のカフェ・ヒルバレー(吉江勇介代表)は19日から、「瀬戸内レモンとふわふわメレンゲのパンケーキ」を販売する。山梨県甲府市の山梨学院短期大学食物栄養科パティシエコースで菓子作りを学んだ花岡瑞希さん(19)=同市長地柴宮=と、武隈心音さん(19)=諏訪市小和田南=が考案。2人は「見た目も味もレモンを感じるパンケーキ。ぜひ食べて笑顔になってほしい」と呼び掛けている。

メニュー考案は、自分たちの好きな店をガイドマップにまとめる授業で、花岡さんが諏訪二葉高校(諏訪市)時代に訪れた同店を取り上げたことがきっかけ。昨年10月に同店を訪れた際、もともとレモンを取り入れた新メニューを考えていた吉江代表(42)が花岡さんに提案した。

花岡さんは高校からの同級生の武隈さんも誘い、11月下旬から試作を重ねてきた。パンケーキに果汁や砂糖を煮詰めて作った「レモンカード」をかけ、その上にはたっぷりのメレンゲと、苦みを取るためにハチミツに2カ月漬け込んだ広島県尾道産のレモンを載せてバーナーで焦げ目を入れた。

2人は「写真映えするよう形を丸くかわいらしく仕上げ、味もメレンゲの甘さを抑えて、もう1回食べたいと思ってもらえるようにした」と自信をのぞかせる。4月からは東京都の製菓専門学校で洋菓子について深く学ぶといい、「いつか自分の店を持ちたい」と笑顔を見せた。

価格は1200円(税込み)。営業時間は午前10時~午後7時(ラストオーダー午後6時)。金曜定休日。問い合わせは同店(電話090・1264・2658)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP