村の魅力を「レッツ探検」 宮田村が動画制作

LINEで送る
Pocket

宮田村の魅力をPRする動画と主役を務めた村職員の小松さん(右)と深沼さん

宮田村は、村の魅力を集めた動画「レッツ探検宮田村」を制作し、配信を始めた。村の若手職員2人が村の良い所を探す「探検隊員」に任命され、観光拠点や特産品などの紹介、村人との心和む交流の様子を映画の予告編風に仕立てた。村ホームページから閲覧できる。

これまでとはひと味違う動画で、より村の魅力を発信しようと制作。「思わず見てしまうインパクトのある動画」を目指し、映画の予告編およびエンディングのメイキング映像(NG集)を意識した作りと、住民約40人の生の声によって村の良さを約6分の”短編映画”にまとめた。県地域発元気づくり支援金99万円を活用した。

あらすじは、村が宝島社による「住みたい村ランキング2021村の部」で全国1位を獲得したにも関わらず、「宮田村ってどこ?」「知らない」など、全国ニュースで報じられた村への評価に衝撃を受ける住民たち。村はこの危機を脱しようと入庁2年目の小松友香さん(24)と、1年目の深沼弘友紀さん(23)を村探検隊に任命。2人が中央アルプスを中心とした自然美や総合公園ふれあい広場などのアクティビティー、宮田宿本陣や津島神社祇園祭などの歴史と民俗のほか、地ビールやウイスキー、ドーナツ、サーモンなどの味覚と、さまざまな魅力を再発見し、コメディータッチで発信している。

主演の小松さんは「緊張と恥ずかしさで撮影は始まったが、徐々に良い物を作りたいとの気持ちが強くなった。動画を見て、村を知らない人も愛着を持ち、住民の方は改めて地域愛を育んでほしい」。深沼さんは「自分にとっても村に対する勉強になった。動画を通じてこれまで知らなかった村の魅力を知ってほしい」と話している。

村は同動画に続き、撮影時に実施したインタビューのみをまとめた「特別編」の配信も近く開始するという。

おすすめ情報

PAGE TOP