伊那の平安祭典「ペット葬」参入 県内初

LINEで送る
Pocket

葬祭業の平安祭典(伊那市)は、「ペット葬」に参入する。ペットの終活からお見送り、アフターサポートまで、葬祭業のノウハウを生かし、ペットとの最期の別れ、安らかな旅立ちをサポートする。新型コロナウイルス感染拡大以降、ペット関連需要の高まりでペットの葬儀に関する問い合わせも増えていることから、こうした需要を取り込む狙い。同社によると、葬祭業としてペット葬に参入するのは県内初という。

ペット葬は3コースを設定。「お日さまコース」は会館(伊那エリアは上牧会館)でのペット葬で、木棺、骨つぼ、お別れ花、メモリアルプレート、ミニ仏壇、火葬手続きなど必要なものがすべてそろったプラン。料金は会員11万円、一般12万1000円(いずれも税込み)。

「お星さまコース」は住み慣れた自宅でお見送りするプラン。バスケット、骨つぼ、お別れ花、メモリアルプレート、メモリアルフォトプレート、火葬手続きなどがセット。料金は会員6万500円、一般6万6000円(同)。「お月さまコース」は火葬式でのペット葬。基本の納棺、火葬に必要なものを専用カタログから選ぶ。

伊那エリアでの火葬、埋葬は提携する唐木屋石材工芸(伊那市)が経営する同市西町の「ペットメモリアルパーク やすらぎの丘」で行う。火葬は体重別料金、自然葬(土埋葬)は火葬料の半額。埋葬は集合墓地、屋内納骨堂、個別墓地から選べる。宗旨不問、永代供養も承る。

ペット葬の開始に当たり、26日に「ペットのご供養品展示会&終活相談会」を同市上牧の平安祭典上牧会館で開く。最新のご供養品の展示、深妙寺の重盛要弘住職による特別法話、ペット葬の流れの説明、ペットの終活個別相談会を行う。時間は午前10時~午後2時。同日以降、葬儀を執り行っていく予定だ。

平安祭典は「これまではペット葬の問い合わせがあると唐木屋石材を紹介する形だった。コロナ以降、ステイホームに伴うペット関連需要の高まりで葬儀に関する問い合わせも増えており、ニーズがあると判断した」と説明。「葬祭業としてのノウハウを生かし、大切な『家族』との最期のお別れを心を込めてお手伝いしたい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP