子ども無料のベトナム料理 来月店舗オープン

LINEで送る
Pocket

4月6日のベトナム料理店オープンに向けて運営する母親たちが開いた試食会

子育て世代の女性を支援する駒ケ根市の市民団体「つなぐ HUB(ハブ)」(宮澤富士子代表)は、駒ケ根市上穂栄町に子どもは無料で食べられるベトナム料理店「xWIN(エックスウィン)まみーずかふぇ」を4月6日にオープンする。地域の母親たちが運営し、手作りの料理を提供。母親たちの社会進出を支援し、子育て中の親が安心して入れる店づくりを目指す。

店は駒ケ根総合文化センター近くの元飲食店を改装。2月から畳の張り替えやメニューの考案などの準備を進めてきた。

料理は、野菜や鶏肉などの具材をパンに挟んだ「バインミー」、「生春巻き」、麺料理「フォー」、サラダが付いたセット(税込み800円)。小学生以下は無料で、大人用より少なめに提供する。

出産後の女性のキャリア形成や収入源の確保、社会参加に向けた活動に取り組んでいる同団体。宮澤代表の同窓でベトナム在住の投資家中川秀彦さんから「子ども食堂」事業の提案があり、同団体の母親からも「店を持ちたい」との声が上がり計画が始動した。

経営は、中川さんが投資するベンチャー企業、xWIN社(本社・東京都)が行い、同社ユーザーや行政、協賛企業がサポーターとなる仕組みを構築した。

宮澤代表は「母親たちのスキルアップや子どもの学びの場として、またベトナム人技能実習生にも利用してもらうなど多くの人が関われる店にしたい」と話している。

住所は駒ケ根市上穂栄町20―20。全24席。営業時間は午前11時~午後2時(ラストオーダーは午後1時30分)。木、日曜は定休。

おすすめ情報

PAGE TOP