伊那公園・春日城址公園でさくらまつり開幕

LINEで送る
Pocket

伊那公園で咲き始めを迎えたコヒガンザクラ

伊那市中央の伊那公園、同市西町の春日城址公園の桜を満喫する「さくらまつり」が1日、始まった。同市と伊那商工会議所が主催する「伊那街花まつり」の一環。初日の夜は公園開きがあり、伊那公園では約400個のぼんぼりを点灯して、観桜シーズンの到来を告げた。20日まで。

「伊那街花まつり」は、桜、ツツジ、バラの観賞と併せ、地元商店の活性化を目指して毎年開く。5月には高尾公園の「つつじまつり」、セントラルパーク一帯の商店街での「伊那まちバラぶらり」を開く。

伊那公園には12種類の桜が約300本あるといい、中央区の有志らでつくる「伊那公園桜愛護会」が世話している。現在はコヒガンザクラが咲き始め、週明けにはソメイヨシノも咲きそうだという。

点灯作業を担った同会の小田満会長は「コロナ禍で苦しい中でも、企業の方々が協力してくれ、ことしも明かりをともすことができた。厳しい冬を乗り越えた伊那谷の春を感じて」と話していた。

同商議所は、5日に伊那公園で「伊那節まつり」を開く予定。「桜を楽しみ、地元の商店街にも足を運んでほしい」と呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP