伊那市プロモーション映像「そばの旅人」公開

LINEで送る
Pocket

伊那市は、新たに制作したプロモーション映像「イーナ・ムービーズ」のそば編「そばの旅人」を公開した。「信州そば発祥の地」としてそばの魅力を発信するとともに、16日から始まる新そばイベント「5週連続ぶっとおしそば三昧」をPRしている。映像はインターネットで閲覧できるほか、首都圏の列車内や中京圏のテレビコマーシャルで放映している。

映像は「行者の旅」をテーマに制作。同市には奈良時代、修行に向かう行者が住民のもてなしを受けた礼に一握りのソバの種を残し、やがて信州一円に広がったという言い伝えがあり、そばがこの地域の生活に深く根付き、食文化として定着してきた歴史や、そばに親しむ人々の表情を織り交ぜ、「信州そば発祥の地」を表現している。

同市出身でNHK大河ドラマ「龍馬伝」や映画「シン・ゴジラ」の人物デザインを手がけた柘植伊佐夫さんが総合プロデュース・監督を務め、同市出身の俳優羽場裕一さんがナレーションとして特別出演。全編市内で撮影を行い、「そばを愛する地域の人々や伊那市にゆかりのある人々の想いが詰まった映像に仕上がった」としている。

映像は約2分30秒の長編と30秒、15秒のバージョンがあり、「イーナ―」の特設サイトや動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開。JR東日本のトレインチャンネルと中京テレビでは「そば三昧」のPRを合わせて16日まで放映する。

おすすめ情報

PAGE TOP