「天下第一の桜」開花 高遠城址公園

LINEで送る
Pocket

高遠城址公園で開花宣言を迎えた標本木を眺める来園者たち

伊那市は5日、「天下第一の桜」として知られる高遠城址公園(同市高遠町)のタカトオコヒガンザクラの開花を宣言した。昨年より10日遅いが、平年並み。同園を会場にした「さくら祭り」が始まり、観桜シーズンの幕を開けた。市高遠商工観光課によると、見頃は10日ごろになりそうという。

タカトオコヒガンザクラ(固有種)は、やや小ぶりで強い赤みが特徴。園内には約1500本が植えられている。樹林は県の天然記念物の指定を受けている。

5日には同園南口周辺の「標本木」で開花を確かめた。白鳥孝市長は、祭り期間の新型コロナウイルス対策の徹底に触れつつ「静かに花を楽しんで」と期待していた。同園の桜を管理する桜守の西村一樹さんによると、花の咲き具合は順調という。

生後10カ月の息子たちと同園を訪れた、高遠町の20代女性は「いつも通りのきれいな色。家族みんなで見に来たい」と見頃を楽しみにしていた。

園内は6日から有料入園になる。料金は、高校生以上500円、小中学生250円。開園時間は午前8時~午後5時(開花最盛期は午前6時~午後9時)。夜間にはライトアップなども予定する。

コロナ対策のため、マスク着用や連絡先の確認などを求める。飲食も指定エリア内に制限。アルコール類の提供や持ち込みは禁止する。

おすすめ情報

PAGE TOP