「桜めぐり」開花状況 茅野市HPで紹介

LINEで送る
Pocket

「桜めぐり」のコーナーを発信するために桜並木で写真撮影する茅野市職員=同市宮川

茅野市は、市内の桜スポットの開花状況を紹介するコーナーを市ホームページ(HP)に掲載している。今年から「桜めぐり」と名付け、開花状況を7段階で紹介。ポイントは市八ケ岳総合博物館を追加して7カ所にした。今年はまだどこも花開いていないが、つぼみは少しずつ膨らんでおり、開花が近いとみられる。

HPでの掲載は桜見物の目安にしてほしいと長年続けている。紹介する場所は他に聖光寺、運動公園、粟沢観音、古御堂の枝垂桜、下菅沢の祖霊桜、宮川左岸沿いの桜並木。開花状況は「咲き始め」「5分咲き」「満開」などで紹介する。写真も載せている。

3月半ばから掲載を始めた。担当する市地域創生課広報係の西澤綾さんによると、開花が早かった昨年に比べて2週間ほど遅い。徐々に情報更新の間隔を狭めて「できる限りリアルタイムの桜の状態を紹介したい」という。「市内は標高差があるので長く桜が楽しめる。いろんな場所で比較しながら楽しんでほしい」と話している。

市公式のインスタグラムやフェイスブックでも紹介している。各スポットの見頃が終わるまで掲載する。

おすすめ情報

PAGE TOP