「山高神代桜」見頃 山梨県北杜市

LINEで送る
Pocket

樹齢約2000年という「山高神代桜」。境内の他の桜とともに見頃を迎えている=6日午前、山梨県北杜市武川町

山梨県北杜市武川町の実相寺で、日本三大桜の一つ「山高神代桜」=国天然記念物=が見頃を迎え、樹齢約2000年という日本最古のエドヒガンの古木を目当てに全国から観桜客が訪れている。

同寺によると、3月27日に開花を確認し、数日のうちに満開となった。現在はソメイヨシノなど境内の他の桜も盛りを迎えている。神代桜は10日頃までが見頃という。

スイセンの鮮やかな花のじゅうたんと、境内の桜、残雪の南アルプス駒ケ岳(甲斐駒ケ岳)が競演。春らんまんの光景を描く。神代桜を眺めた人からは「私も長生きしないと」「以前より花の付きが良くなった気がする」との声が聞かれた。

おすすめ情報

PAGE TOP