タカトオコヒガンザクラ満開 茅野市安国寺

LINEで送る
Pocket

濃いめのピンクの花が堤防沿いに咲きそろう茅野市安国寺のタカトオコヒガンザクラ

茅野市安国寺の宮川左岸に並木をつくる「タカトオコヒガンザクラ」が一気に満開を迎えた。諏訪大社御柱祭の上社里曳きを待つ8本の御柱が安置される御柱屋敷から近く、御柱見物に訪れた地元や近隣の住民、観光客らも足を延ばし、赤みの強い独特の桜を堪能している。

国道152号安国寺トンネル開通を記念して旧高遠町(現伊那市)から贈られ、植樹した苗木から、地元住民が挿し木で増やした由緒ある桜。大型商業施設裏手の姫宮橋から上流約200メートルに30本ほどが続く。堤防からは目線の高さで、残雪の八ケ岳やはるかに北アルプスも見える。土手下の道路から見上げる桜も見事。

苗木を育てた小海嘉介さん(88)は「毎年、本家の高遠城址公園と一緒の頃に咲く。20余年で立派になった。御柱と一緒に楽しんで」と話す。

おすすめ情報

PAGE TOP