高遠ダムも桜色 県が今年もライトアップ

LINEで送る
Pocket

桜色に照らされた高遠ダム

県企業局南信発電管理事務所は、伊那市高遠町にある高遠ダムを桜色にライトアップしている。高遠城址公園で開催中の「さくら祭り」に合わせた企画。三つの放流ゲートを濃淡のピンク色で照らし出すほか、スライドショーも映す。期間は、同園の桜が散り終わるまで。

2018年に始まった事業。同園の桜をPRして地域振興に協力するほか、ダム事業の広報にもつなげる。

今年は各ゲートに当てる照明の明るさを変えたグラデーション演出を取り入れ、桜の色合いが変化する様子を表現。スライドショーは正面左側のゲートで行い、桜の花びらや県企業局のPRキャラクターを投影する。

同事務所の担当者は「ライトアップの準備には時間がかかるが、見た人にきれいだと思ってもらえると励みになる。感動してもらえるとうれしい」と話していた。

点灯時間は、午後6時~同10時。ダムの管理作業のため中止や中断する場合もある。

おすすめ情報

PAGE TOP