今年初夏日、一気に桜満開 諏訪

LINEで送る
Pocket

満開の桜の下でマレットゴルフを楽しむ愛好者

12日の諏訪は日本の東に中心を持つ高気圧に覆われてよく晴れ、最高気温は25.6度を観測、今年初めて夏日となった。桜の開花が一気に進み、各地で見頃を迎えた。諏訪市の県諏訪湖流域下水道豊田終末処理場(クリーンレイク諏訪)でも満開となり、敷地内のマレットゴルフ場では花見をしながらプレーを楽しむ愛好者が多く見られた。

クリーンレイク諏訪には周囲を囲むようにソメイヨシノなど約380本が植えられている。グラウンド、テニスコートの周囲にも桜並木があり、グラウンドの外周に設けられたマレットゴルフ場はまるで花回廊のよう。

仲間とマレットゴルフを楽しんでいた山口元男さん(78)=諏訪市豊田=は「いやー、暑いね。歩いているだけで汗が出るよ。もう夏だね」と笑いながらボールを打っていた。時折、桜を見上げて「今年は少し花が少ないようだけど、桜の下でのプレーは気持ちがいい」と話した。

長野地表気象台によると、13日も引き続き気温が上昇する予想で最高気温は25度を予想している。

おすすめ情報

PAGE TOP