谷あい彩るハナモモ見頃 駒ケ根市中沢本曽倉

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市中沢本曽倉の谷あいに咲くハナモモ

駒ケ根市中沢本曽倉の桃源院近くにある約200本のハナモモが、見頃を迎えた。高台の市道から眼下に見渡すことのできる谷あい一面に、赤やピンク、白の花々が咲き誇り、訪れた人々を魅了している。

かつて盛んだった養蚕が衰退し、桑畑の代わりに花を植えて花の名所にしようと、住民有志が約20年前からハナモモを植えた。今では駒ケ根市の春の観光名所の一つとなり、県内外から多くの人が訪れている。

駒ケ根観光協会によると、今年は例年並みの今月5日に開花。気温が上がり、一気に花開いたという。

家族や知人と千葉県から訪れた大石宣子さん(80)は「色合いがきれいで眺めも良く、来てよかったです」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP