こだわりカレー 下諏訪に「下町ひまわり」

LINEで送る
Pocket

スパイスにこだわるカレー店「牛すじカレー 下町ひまわり」を開業した小澤さん(右)

スパイスを効かせた数種類の牛すじカレーを提供する「牛すじカレー 下町ひまわり」が下諏訪町御田町にオープンした。日本人向けの情緒ある”下町のカレーライス屋”を目指し、「カレー好きの人に気軽に来てほしい」(同店)と話す。テークアウトにも力を入れている。

同町出身で、同町桜町で「カラオケBAR SAKURA」を経営する小澤竜二さん(45)が3月下旬に開店。小澤さんによると、長引くコロナ禍で夜営業のバーの経営が難しくなり、昼の飲食店を何かしよう―と決意。バーの裏メニューとして提供していた牛すじカレーを主力にしたカレー店の開業を目指し、1年ほどかけてメニュー開発に取り組んできた。

提供するのは「下町カレー」をベースに、青トウガラシとココナツなどの台湾風グリーンカレー、赤トウガラシとトマトのレッドカレー、キーマカレー、コーンクリーム入り甘口カレーなど。スパイスは20種類を独自に組み合わせ、アレルギーの人にも食べてほしいと、小麦粉やリンゴは不使用。半日以上煮込んだこだわりの味だ。小澤さんは「観光事業にも積極的に出店し、カレーで地域に貢献したい」と話している。

テークアウトは来店時の注文もできる。営業は午前11時~午後2時30分、午後5時~同8時30分。定休日は日・月曜日。駐車場は四ツ角駐車場か同店裏。問い合わせは同店(電話070・8385・8530)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP