五穀豊穣や疫病退散祈願 習焼神社で草餅祭り

LINEで送る
Pocket

流鏑馬社前で行われた射礼。神職が放った鏑矢(かぶらや)の行方を見守る氏子たち

諏訪市湖南の習焼神社(有賀寛典宮司)で22日、例祭が行われた。諏訪大社上社から参向使を迎え、氏子10人余りが「草餅祭り」と呼ばれる一連の神事に参加。もち米でついた草餅を供え、五穀豊穣や疫病退散を祈願した。

例祭は、かつて諏訪大社上社の大祝諏訪氏が旧暦3月辰の日に参向して流鏑馬などを行い、氏子は春一番のごちそうの草餅を作り祝ったとされる。現在は上社の御頭祭から7日後の22日に上社から参向使を迎えて行う。通称「草餅祭り」と呼ばれている。

例年は氏子らが行列をなし、薙鎌や五色旗、草餅などを手に300メートルほど離れた流鏑馬社へ向かうが、新型コロナウイルスの感染対策で今年も何も持たずに歩いた。流鏑馬社では古式祭があり、神職が東西の天地に計4本の矢を放つ「射礼」を行った。

今年は流鏑馬社の木製鳥居を12年ぶりに更新し、前日には3年ぶりに夕祭も復活した。好天に恵まれた22日は、習焼神社に帰る復路を通常通りの行列で歩き、地域に彩を添えた。区内4町内会のうち、今年は仲村沢町内会が当番を務めた。同神社総代主務の有賀修二さん(63)は「規模を縮小しながらも神事を怠りなくできてよかった。伝統の祭りを後世に伝えていきたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP