クラフト作家出展 手づくり屋の体験型展示会

LINEで送る
Pocket

個性あふれる作品が並び多彩な体験が楽しめる体験型展示会

宮田村町二区の梅が里ギャラリー手づくり屋は、地元のクラフト作家の作品やクラフト体験ができる「見て!作って!楽しむ!手づくり屋の体験型展示会inかんてんぱぱ」を5月5日まで、伊那市西春近のかんてんぱぱホールで開いている。同ギャラリー登録会員で、県内で活動するクラフト作家19人がそれぞれブースを設け、自らの作品を展示するとともに、来場者による体験を通じ、ものづくりの魅力を伝えている。

手作りの魅力を改めて実感し、趣味の幅を広げる機会にと毎年開催。新型コロナウイルス感染拡大に伴い一昨年と昨年は中止したため、3年ぶりの開催となった。

会場には、藤製品やタイル作品、編み物、着物リフォーム、ビーズマスコット、ポーセラーツ、筆文字アートなど、多種多様の個性あふれる作品を展示。来場者らの目と興味を引き付けている。

事務局の三浦典子さんは「これまでに体験したことのない、新たな分野も用意した。未知の体験を広げるチャンス。気軽に来てほしい」と多くの来場を呼び掛けている。

入場無料。開場は午前9時~午後5時だが、28日は正午~午後5時、5月5日は午前9時~午後3時。クラフト体験は作家が会場にいる場合は予約なしでも可。問い合わせは手づくり屋(電話0265・98・7749)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP