室蘭発「トンギスカン」食べ放題 JOCA

LINEで送る
Pocket

「GOTCHA!!RALLY」の一環で開く「トンギスカン」の食べ放題イベント

駒ケ根市東伊那の「駒ケ根ふるさとの家」で3~5日、北海道室蘭市で開発された豚肉を使った焼肉料理「トンギスカン」の食べ放題が開かれる。「生涯活躍のまち」構想に取り組む団体などが、他地域の特産品を仕入れて各自の手法で売り、みんなで食べてその地域を応援する「GOTCHA!!RALLY(ゴッチャ!!ラリー)」の一環。

トンギスカンは室蘭市の事業所が就労支援事業で開発した。豚肉とタマネギを串に刺して焼いた名物「室蘭やきとり」を、ジンギスカン風に調理しようとして生まれた料理で、甘みのあるたれが食欲をそそるメニュー。同ラリーの第1弾の品目に選ばれた。

ふるさとの家では、施設の指定管理者の青年海外協力協会(JOCA、本部・駒ケ根市)が、90分間の食べ放題を企画。料金は男性3500円、女性2500円、小学生以下1000円、3歳以下無料。肉200グラムと野菜がセットで提供され、食べ終わったら次のセットを注文できる。

調理には室蘭工業大学(室蘭市)が同市の「鉄のまち」をPRする目的で開発した専用の鍋を使う。食べ放題とは別に冷凍の味付け肉(400グラム)や専用鍋の販売も行う。同施設のコーディネーター林香子さんは「自分たちも楽しめて支援にもつながる取り組み」と話している。
 
イベントの時間はいずれも午前11時~午後4時30分(ラストオーダー午後4時)。10組分の席を用意する。

おすすめ情報

PAGE TOP