「協力隊珈琲」を母の日に贈ろう JOCA

LINEで送る
Pocket

JOCAが「母の日」に合わせて限定販売するコーヒーギフト

青年海外協力協会(JOCA、本部駒ケ根市)は6~8日の限定で、JOCAのオリジナルブランドコーヒー「協力隊珈琲」を、8日の「母の日」に合わせ特別仕様に包装した「Happy Mother,s Day Gift」を販売する。包装にメッセージを書き込めるカードも付いている。

協力隊珈琲は、青年海外協力隊の派遣国から仕入れた豆を自家焙煎(ばいせん)し、ブレンドした商品。コーヒーを通して、派遣国の自然の恵み、豆の生産者やJOCAとのつながりを感じてもらう狙いがある。今年度から、行事に合わせて同商品の販売機会を企画し、地域の人とつながる機会を増やす新たな取り組みを始めた。

第1弾となる母の日は、苦みやこくに特徴がある豆をブレンドした、酸味が少なくてスイーツと相性が良い「煌(きらめき)」をプレゼント用に包装。「Mother,s Day」と赤字で書かれたカードは裏が白紙で、感謝の言葉などを書き込み、贈ることもできる。

ドリップバック5個セットを税込み600円、コーヒー豆100グラムを同550円で販売。午前10時~午後6時、同市中央のこまがね市民活動支援センターぱとな1階で販売する。予約販売も行う。JOCA駒ケ根の竹居志織さんと下萩くるみさんは「スイーツと一緒に『煌』ブランドを味わって」と話している。

問い合わせはJOCA(電話0265・98・0102)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP