小原さん箕輪にジェラート店 あすオープン

LINEで送る
Pocket

素材本来の味を大切にしたジェラートを販売する小原紗奈恵さん

箕輪町中箕輪に6日、東京の人気ジェラート店「REGALINO(レガリーノ)」の姉妹店「ジェラテリア宮本屋」が誕生する。店主は、小原紗奈恵さん(37)=駒ケ根市=。女性の就職相談員として働いてきたが、地元農産物のおいしさを伝えたいと一念発起し創業。ジェラートに使用する食材の生産農家を店頭でPRするなど、「生産者と消費者がつながり、みんなが笑顔になってもらえるようなお店にしたい」と心躍らせている。

今年3月まで、松本市の人材コンサルティング会社に勤務。再就職を考える子育て中の女性たちの相談に乗ってきた。勇気を出してチャレンジしようとする多くの同年代の姿に感化され、創業への思いを募らせてきた。自身も1児の母親で、「子育てする中で地元食材のおいしさに気付き、多くの人に広めたい」と考えるようになった小原さん。「素材本来の味を大切にする」REGALINOの存在を知り、ここ数年、週末は同店で修行を重ね、腕を磨いてきた。3月の退職後、店舗探しとともに、食材の仕入れ先探しをスタート。手探りながらも、伊那谷の生産農家の元に出向き、直接交渉。イチゴやブルーベリー、リンゴなど旬の素材の仕入れ先を見つける中で、生産者の苦労を見聞きし肌身で実感してきた。

店は国道153号伊那バイパス沿いで、旧カフェを一部改修してオープンさせる。ジェラート9種類を日替わりで提供する予定だ。使用する牛乳は県内産。食材の糖度に応じて調合し、「もっちりとした食感」を楽しめるように配分のバランスに細心の注意を払う。「箕輪町は、赤そばが印象的。将来的には赤そばを使ったジェラートがつくれれば」と目を輝かせる。

午前11時~午後6時(売り切れ次第終了)。水曜定休。6~8日の3日間は、オープニングセールを行う。問い合わせは同店(電話0265・75・3180)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP