伊那市内の文化施設 「おたからカード」配布

LINEで送る
Pocket

伊那市内の文化財を紹介する「おたからカード」

伊那市教育委員会は、市内の文化施設を巡ってもらおうと、所蔵する文化財をデザインした「おたからカード」を作成した。歴史的資料や絵画、土偶など10種類を300枚ずつ用意。博物館や美術館などを中心に10カ所で無料配布している。県内外のカードコレクターの人気を集めそうだ。

カードの表には所蔵品の写真、裏には制作された時代や特徴、施設情報などを掲載。入手に向けては、実物の文化財がある施設などを巡る必要があり、市内一帯を訪れてもらうとともに、今後の利用につなげる狙いもある。5枚そろえると収納できるカードホルダー、10枚すべて集めると限定カードがもらえる。

高遠町図書館のカード「浅間山噴火絵図」は、大噴火をモチーフにした飛び出す絵本のような立体作品で、カード配布に合わせて特別公開する。高遠町歴史博物館の「貴船神社 山車」については、旧高遠藩主の保科正之が寄進した後、幕末期に造られた3代目で珍しい船形が特徴。市考古資料館は、仲仙寺に奉納された画家橋爪玉斎の大絵馬「千匹馬図」を紹介している。

市創造館の捧剛太館長(63)は、コロナ禍で来館者数が減っているとし、「カードが春の大型連休の呼び水になれば。観光客から地域住民まで、現代につながる歴史や文化があると知ってほしい」と呼び掛けている。

5月18日の「国際博物館の日」に合わせて企画。この日は参加する信州高遠美術館、高遠町歴史博物館、市民俗資料館(なつかし館)を無料開放する。カードの問い合わせは市創造館(電話0265・72・6220)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP