新型コロナ 諏訪圏域感染警戒レベル「5」に

LINEで送る
Pocket

県は7日、新型コロナウイルス感染症の拡大が顕著だとして諏訪圏域の感染警戒レベルを「5」(特別警報2)に引き上げた。同圏域の警戒レベルは4日に「4」(特別警報1)に引き下げたばかり。6日までの直近1週間の新規感染者数が208人で、人口10万人当たり107.30人とレベル5の基準(100人)を上回った。レベルの引き上げに伴い、県は同一テーブル4人以内、2時間以内の会食や公共施設における感染防止対策の徹底などを求めている。

同日は、感染が拡大しているとして佐久圏域の感染警戒レベルも「5」に引き上げた。県内各圏域の完成警戒レベルは佐久、上田、諏訪、南信州、松本、長野の6圏域が「5」、上伊那、北信の2圏域が「4」、北アルプス圏域が「3」(警報)、木曽圏域が「1」となっている。

おすすめ情報

PAGE TOP