トライアスロン大会へ CFで資金募る

LINEで送る
Pocket

ポスターや桃太郎旗を手に協力を呼び掛ける諏訪圏地域金融団

6月25日に諏訪6市町村で開催されるトライアスロン大会「スワコエイトピークスミドルトライアスロン大会」の実行委員会は、インターネットを通じて資金を募るクラウドファンディング(CF)を行っている。集まった資金は諏訪市の諏訪湖イベントひろば(旧東洋バルヴ諏訪工場跡地)に設けるフィニッシュ会場の演出に活用される。目標金額は260万円で、6月15日まで受け付ける。

「スワコエイトピークス―」は、下諏訪町の下諏訪ローイングパーク前の諏訪湖でスイム2キロ、八ケ岳山麓を走るバイク78キロ、諏訪湖周のラン20キロの計100キロで行われる。諏訪地方全域を舞台にした初のスポーツイベントで、今回が記念すべき第1回大会となる。

CFによる資金調達は、諏訪信用金庫と長野銀行、長野県信用組合、八十二銀行でつくる「諏訪圏地域金融団」が大会を盛り上げ、地域の活性化を後押ししようと実行委に提案。金融団が実務を担い、クラウドファンディングサイト「CF信州」で協力を募っている。

フィニッシュ会場は工場跡の室内になる予定で、実行委は「無機質な工場跡をクールにデコレーションしつつも温かくお迎えできる、そんなフィニッシュエリアを作って『おもてなし』の象徴にしたい」とする。3000円と5000円、200口限定の1万円の3コースで受け付け、金額に応じて 1、ゴールゲートへの名前掲載 2、大会公式ホームページへの名前掲載 3、スタッフTシャツ 4、大会オリジナルクラフトビール非売品2本―といった返礼品を贈る。

金融団は「今年の諏訪は御柱で盛り上がっていますが、『御柱の次はトライアスロン』です。諏訪を盛り上げるためのバックアップをしていきたい」と語り、地域住民の理解と協力を呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP