諏訪湖サマーナイト花火 7月24日から

LINEで送る
Pocket

諏訪市の諏訪湖で7月24日から始まる諏訪湖サマーナイト花火(写真は昨年の様子)

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は19日、諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」の開催概要を発表した。7月24~31日と8月16~27日の計20日間、毎日午後8時30分から約500発の花火を10分間打ち上げる。8月1~15日の第74回諏訪湖祭湖上花火「The Legacy」(市などでつくる実行委員会主催)と合わせると、35日間にわたって諏訪湖の夜が花火に彩られることになる。

花火を目玉に誘客を図ろうと、2002年に「サマーナイトファイヤーフェスティバル」の名称で始まり、今年で20年目。新型コロナウイルスの影響で20年は中止となり、21年は21日間の計画で実施したが、新型コロナや大雨災害に見舞われ、後半の開催を断念した。

実行委によると、諏訪市諏訪湖畔公園前の湖上に浮かぶ初島から、最大5号玉の花火約500発を音楽に合わせて打ち上げる。小雨決行。公園内での「3密」回避を呼び掛けており、午後8時から1時間は水分補給以外の飲食を禁止する。有料桟敷席や専用駐車場は設けない。

実行委事務局は、全国的に観光機運が高まっていることに触れて「花火を通じて宿泊者を増やすことで、新型コロナで疲弊した観光の振興と地域の活性化につながれば」と話している。

問い合わせは、実行委員会事務局(電話0266・527155)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP