12年茅野市米沢ひき逃げ 時効目前情報提供を

LINEで送る
Pocket

2012年にひき逃げ死亡事件があった現場=19日、茅野市米沢

茅野市米沢塩沢で2012年に発生したひき逃げ死亡事件は25日で10年となり、公訴時効が成立する。粘り強く捜査を続けてきた茅野署は「最後まで調べを尽くす」として情報提供を呼び掛けている。

事件は12年5月25日未明、同市塩沢の市道で近くに住む石川富男さん=当時(59)=が倒れているのを通りかかった人が発見し、110番通報して発覚。市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。同署によると、事件発生時刻は、近くの飲食店店主の証言などから、24日午後11時45分ごろと推定される。

現場は県道茅野停車八子ケ峰公園線(ビーナスライン)から北に数十メートル入った塩沢集落内で、幅員約4メートル。生活道路だが、北山方面への抜け道として利用されることも多かった。

同署はこれまで延べ4000人以上を動員し捜査してきた。13年から毎年、事件発生日に現場付近に看板を設置して検問を行い、事件概要を記したチラシを配布。昨年は、近隣の区に回覧板を通じて情報提供を求めた。

これまでの捜査では、石川さんの衣服に残ったタイヤ痕を基に、約1600台の車を調べたが有力な情報は得られなかった。ブレーキ音や衝突音を聞いた人はなく、情報提供も乏しかった。

同署は4月、容疑者不詳のまま地検諏訪支部に書類を送った。同事件をめぐっては、19年に道交法(救護義務)違反の時効が成立。現在は自動車運転過失致死(現過失運転致死)の疑いで調べている。

事件現場の近くに住む女性は「すぐそばだけど音とかは聞こえなくて、朝まで気が付かなかった。今でもたまに花が手向けられている。やっぱり犯人は捕まらなきゃいけない」と話した。

同事件の概要は県警ホームページから閲覧できる。情報提供などの問い合わせは同署交通課(電話0266・82・0110)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP