遠照寺彩る大輪ボタン 伊那市高遠町

LINEで送る
Pocket

鮮やかに咲く遠照寺のボタン

伊那市高遠町の遠照寺で、ボタンが見頃を迎えている。「ぼたん寺」として親しまれる同寺の境内には、さまざまな種類が約2000株植わる。黄や赤、ピンク、紫と色とりどりで、訪れる人たちを楽しませている。

40年ほど前に、同寺の松井教一住職の母親が数本植えたボタンがきっかけで、次第に種類や株数を増やしていった。今年は大型連休のころに咲いた種類もあり、例年より数日早いペースだという。

同寺は現在、開創1200年記念の企画を展開中。参道には、疫病退散などを願う折り鶴と傘が飾られ、ボタンの色彩と相まって風情ある光景が広がっている。

松井住職は「花を見ると同時にボタンの香りに包まれ、豊かな気持ちになって癒やされてほしい」と話していた。

雨などの影響がなければ、28日ごろまでは観賞できそうだという。

おすすめ情報

PAGE TOP