赤ソバ畑深まる秋 茅野市北山

LINEで送る
Pocket

花の終盤を迎え茎も秋色の蓼科中央高原入口の赤ソバ

花の終盤を迎え茎も秋色の蓼科中央高原入口の赤ソバ

茅野市北山の国道299号沿いの赤ソバ畑では、花が終わりに近づくにつれて茎の赤みが増し、高原の秋に彩りを添えている。

赤ソバ畑は、鉄山入口バス停の近くにあり、地元で喫茶・雑貨の店を経営する渡辺ちあきさんが「素晴らしい風景を大事にしよう」と毎年、畑を借りて作っている。晴れた日は八ケ岳の稜線が見渡せる絶景のロケーションも魅力で、紅葉見物の観光客やアマチュアカメラマンも立ち寄る。

渡辺さんは「今年は天候不順で花の色がまばらだったが大勢の人に楽しんでもらった。枯れ行く姿もまた風情。紅葉の季節も楽しんで」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP