HPに上社里曵きのフォトギャラリー 茅野市

LINEで送る
Pocket

茅野市ホームページ内に設けられたフォトギャラリーのコーナーと3日間にわたり、撮影に臨んだ西澤さん

茅野市は24日、諏訪大社御柱祭上社里曳き(5月3~5日)の様子を写真で振り返るフォトギャラリーのコーナーを市のホームページ内に設けた。同市の氏子が関わった5本の御柱の様子などを50枚の写真で紹介している。

コロナ禍や諸事情のため、間近で見ることができなかった地域住民や観光客に祭りの興奮を伝えようと企画した。茅野市の氏子が関わったのは本宮一(豊平・玉川)、本宮二(原・泉野)、本宮三(宮川・ちの)、本宮四(金沢・富士見)、前宮三(湖東・北山・米沢)の5本。市地域創生課の職員2人がカメラとビデオを手に3日間密着し、氏子たちの雄姿を撮影した。同ギャラリーでは2人のほか地元の氏子から提供があった写真も採用。約1000枚の写真データから50枚を厳選した。

御柱屋敷からの曳き出し、勇壮な曳行、本宮、前宮の境内、建て御柱の様子やラッパ、鼓笛隊の演奏まで、さまざまなシーンを掲載している。上社里曳きの3日間を追い続けた同課の西澤綾さんは「技術や伝統を受け継ぎ、引き継ごうとする氏子の皆さんの姿、地区の枠を越えた協力、交流などたくさんの素晴らしい場面に出合った。『消毒隊』などコロナ下らしいシーンも見られた。フォトギャラリーをぜひ多くの皆さんに見てもらいたい」と話していた。

6月1日からは行政チャンネル「ビーナチャンネル」や動画配信サイト「ビーナネットChino」で動画を配信する予定。

おすすめ情報

PAGE TOP