信大の連携大学院を設置 来春、駒ケ根に

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市下平の県立こころの医療センター駒ケ根と信州大学は来年4月、同病院に連携大学院を設置することで合意した。同病院に医師として勤務しながら学位を取得できる環境を整え、精神医療の水準向上や高度な専門性を備えた人材の育成、精神科医の県内定着を目指す。連携大学院の設置は、県内の大学では初めて。

25日に松本市の信大松本キャンパスで連携大学院教育に関する協定の締結式を開き、県立病院機構の久保惠嗣理事長や同病院の樋掛忠彦院長、信大の濱田州博学長らが出席して協定書を取り交わす。

認知症や発達障害、うつ病など精神分野で高まる医療ニーズに対応するため、同病院は来年度、精神医療や介護・福祉の臨床研究や人材育成を行う精神科研修・研究センターの設置を計画。連携大学院設置はこの取り組みの一環で、人材育成とともに▽認知症、老年精神医学▽児童・思春期・青年期精神医学、発達障害▽統合失調症、うつ病・依存症―などの研究を進める。

連携大学院の設置で、同病院で医師として臨床に従事しながら信州大学大学院博士課程に在籍し、病院での研究活動により学位を取得することができる。また病院医師が指導教員として研究に関わることで、病院機能の向上も期待できるという。

同病院は「病院に勤務しながら大学院に在籍できることは、学位取得の門戸が開かれることにつながり意義深い。専門医療の実績のある病院として優秀な人材の養成に努め、県全体の医療水準の向上に貢献したい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP