21店の野外レストラン 並木deマルシェ

LINEで送る
Pocket

告知ポスターを手に来場を呼び掛ける実行委員会のメンバー

告知ポスターを手に来場を呼び掛ける実行委員会のメンバー

諏訪市のJR上諏訪駅に近い並木通りに市内の飲食店などが屋台を並べる「並木deマルシェ」が、30日午前11時から午後4時まで開かれる。21店が出店を予定。歩行者天国にした通りで各店自慢の料理や飲み物などを販売し、テーブルや椅子を置く飲食スペースを設けて味わってもらう。「秋を彩る1日限りの野外レストラン。家族連れや友人で楽しんでほしい」と呼び掛けている。

秋の恒例イベントで、参加店の魅力をアピールし、街中のにぎわいにつなげたいと今年で6回目。市内の市街地を中心にした飲食店の若手経営者らでつくる「諏訪を元気にする飲食店の会」を主体にした実行委員会が主催する。柳並公園から大手1・2丁目交差点まで100メートルほどの区間の両側にテントを連ね、ケヤキ並木の下で各店が来場者をもてなす。

焼き鳥に鳥団子のスープ、焼き肉、アナゴの天ぷらや地ビールなどを提供。マツタケや野菜の販売もある。実行委は「普段は店で夜しか出さない料理も楽しめる。子ども連れでピクニック気分で出掛けてほしい。いろいろな店の雰囲気や店主の心意気に触れてもらえたら」と話している。

小雨でも行う。当日は午前9時から午後6時まで会場の通りが交通規制となる。問い合わせは実行委事務局の諏訪商工会議所(電話0266・52・2155)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP