「いい雰囲気づくりを」 新入社員セミナー

LINEで送る
Pocket

新入社員同士で語り合う機会も設けられたセミナー

新入社員同士で語り合う機会も設けられたセミナー

伊那商工会議所などは25日、入社1~3年目の社員を対象にした「新入社員フォローアップセミナー」を伊那市の伊那商工会館で開いた。会員事業所を中心に上伊那地方の14社から47人が参加。職場での人間関係を良好にするための基本を学んだほか、これまでの勤務状況を振り返って将来ビジョンについて考えた。

社会人としての資質を高めるとともに、異業種の新入社員同士で交流を深めてもらおうと実施。特定社会保険労務士の田畑和輝さんが講師を務めた。

田畑さんは、科学技術の進歩に伴い、従来の価値観が激変すると予測。「これまでは変化に対応することが求められていた。これからは、自分で変化を巻き起こして」と呼び掛け。職場の雰囲気についても、「自らが空気をつくることを意識してほしい」と強調。人間関係を向上させる行動として、▽あいさつ▽返事▽うなずき▽感嘆の言葉―を挙げた。参加者同士で、社会人生活について語る時間もあった。

唐澤将也さん(21)は「人と関わり、交流の輪を広げる大切さを改めて感じた。教わったことを実践し、いい雰囲気で仕事ができるようにしたい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP