清陵高マラソン 40回連続参加「完走」

LINEで送る
Pocket

連続40回参加し諏訪湖畔を走る白川さん

連続40回参加し諏訪湖畔を走る白川さん

諏訪清陵高校52回生で早稲田大学時代に4年連続して箱根駅伝に出場した、茅野市玉川出身の白川太一さん(84)=東京都渋谷区=が25日、同校伝統の湖周マラソン(諏訪湖一周マラソン)にOB枠で40回連続して参加。19・4キロを見事完走し、自身の節目の大会を飾った。

白川さんは高校3年の時に全国大会の1500メートルで6位入賞。早稲田大学2年の時の第30回箱根駅伝では8区を走り優勝に貢献した。社会人になっても国内外の市民マラソンに精力的に出場。現在も自宅周辺を週8~9万歩ウオーキングして健脚を維持している。

同日は肌寒い中でのスタートで、途中から降雨もあったが、3時間7分24秒のタイムでゴール。昨年より24分38秒縮めた。「みんなが応援してくれたので、ちょっと頑張った。完走出来てほっとしている」と笑顔で話し「途中リタイアはあとで悔しい思いをする。年相応の厳しさがあり、甘くはない」。

後輩たちと諏訪湖の景色を楽しみながら快走し、「孫世代の生徒たちと走り、当時を思い出した。諏訪湖を走るのは楽しい。景色も空気もいい。生まれ育った所で走れて最高の幸せ」と喜びも。40回で一区切りにしようと臨んだ今回。後輩OBたちから来年の参加を促す声もあり「体と相談の上、ほどほどにお付き合いしたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP