家の改修DIYで 辰野町で若者向けイベント

LINEで送る
Pocket

DIYイベントで壁を剥がす作業を体験する参加者

辰野町や町内有志らで組織する辰野町移住定住促進協議会は7~8月にかけ、同町小横川集落で「若者向けDIY改修イベント」を行っている。会場は同町平出に昨年移住した大木洋さん(31)、朋子さん(30)夫婦が借りた戦後間もなくに建てられた一軒家。町内外からDIYに興味のある人たちが、改修の基礎を学んでいる。

施主の大木さん夫婦は、住みやすく仕事しやすい環境を求め、2年ほど前から東京と辰野の2拠点生活を開始。新型コロナウイルスの感染拡大もあり、昨年勤めていた会社を辞めて独立。辰野に生活の拠点を移したという。

改修する家は、小横川集落にある築約70年の2階建て瓦ぶき屋根の木造家屋。このほかに増築された2階建て木造家屋1棟、鉄骨2階建てのプレハブなどもある。

勉強会は7月29~31日、8月12~14日に実施。最初の3日間は、地元の大工の指導を受けながら施主の指示で作業をした。板を剥いだ床に断熱材を敷き詰めて再度新しい床板を張り直し、壁をぬらしてしっくいを剥がしていく作業を体験した。

飯田市から参加した女性は「いつか家を手に入れ、改修するイメージがわいた」。大木さん夫婦は「自分たちが暮らす家なので自分たちの手で直せば愛着もわく。イベントで地域とのつながりもできる」と話していた。

同協議会では「空き家を自分で改修すれば改修費用を抑えられる」と話している。12~14日のイベントの時間は午前10時~午後5時で、しっくい塗りなどの作業を体験する。参加無料で、事前申し込み不要。見学のみの参加も歓迎する。

問い合わせは町まちづくり政策課地方創生係(電話0266・41・1111、内線2228)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP